業者の選び方

データ復旧業者の選び方

高額な料金の大手2業者とは?

1社は本社や作業所が東京にあり、作業員数が1位の業者

当店で2万円台で見積りした軽度障害のハードディスクが、この業者の見積り結果は重度判定で値引後で40万円でした。値引前は60万円だったそうです。

また、5万円台で見積りした中度障害のハードディスクが、同じく80万円だったとの事です。

軽度でも中度でも重度でも、全てが重度障害と判定されているようです。

申込みから見積りまでの日数は平均1週間程度でした。

さらに、当店で中度と判定したHDDが同じく80万円で見積りされ、キャンセル後の当店へ再申込み頂いた時には既に開封され死んでいました。よって復旧不可としました。

もう1社は全国に受付拠点があり、その数1位の業者

復旧料金値引保証の方法

証票として[データ復旧料金]が記載してある[パンフレット]及び[初期診断申込書]一式を提供下さい。

特典として復旧料金は最低でも50%OFFとなるよう差額を値引対応させて頂きます。

会社名、氏名、住所、電話番号などの個人情報は、お客様の前で塗り潰しますからご安心下さい。

もう1社はeメールにて診断結果と見積額が送信されてきますので、そのメールをヘッダーごと転送下さい。

但し障害のメディアを修理されてしまった場合は受付の対象外とさせて頂きます。

復旧チャンスの1回を逃されています。

最後のワンチャンスを逃がさないためには

障害のメディアを人質に取られない事

診断に預けて帰らない事です。

特に開封されたり基盤を取り外されたら既に遅し・・・。

同意書の内容を隅から隅まで良く読んで疑問な点があれば質問とコメントを記入しておく必要があります。

料金目安が判らない業者に預けない

復旧料金が公開されていない業者に何故預けて帰るのですか?

最低料金だけが告知されても、実際にそのような料金になる事はないです。

「診断してみたら状態が悪く、早く対処しないと時間が経過する毎にだんだん消失しています」と騙されます。

当店に相談に見えられた方にお聞きしますと、皆さんが同じようなセールストークで復旧申込を強要されています。

翌日には営業担当者が変わり、交渉が始まるようです。

以上のような悪徳な手口がデータ復旧業界では行われています。

ホームページの内容を信じない事

「その症状の復旧料金は5,000円で復旧できる可能性がある」や

「宅配便を手配するので梱包しなくてもドライバーに手渡すだけで送料を無料にするので損はないですよ」という電話で勧誘されます。

復旧率の数値は嘘です

HDDの案件ベースでの復旧率(復元率)は60%台~70%台が一般的です。

某社では95%等、根拠もない数値を掲示されています。

例えばSeagate製の2TBモデルの型番ST2000DM001の1モデルだけでも殆ど復旧できていません。このモデルは販売価格が安価だったため多量に販売されています。1テラモデルのST1000DM001や003及び3テラモデルST3000DM001も復旧できていません。
なのに95%等の復旧率となる事はないのです。


クリックで電話発信