USBメモリーのデータ復旧

利用規約

 

データ復元サービスをお申し込みされる方は、下記の利用規約に同意された上で、本サービスを利用されるものとします。

データ復元サービスの定義

障害が発生し正常に読めなくなったメディアから、ファイルの再利用を目的として、新品のメディアにコピーさせて頂くサービスです。
メディアの修理やファイルの修復サービスではありません。一部のファイルが文字化けしたり開けない事がありますがデータ復旧サービスの範囲外です。

所有権

お持込された障害メディアの法的所有権は、データ復元サービスをお申し込みされる本人にあります。

契約成立

データ復元サービスのお申込書もしくは障害メディアが当店に到着した事により契約は成立します。お客様ご自身で作成されたお申込書も正式なお申込書と同様に有効とします。

お支払い

見積額が10万円未満の場合、データ納品時に現金払いとなります。但し例外として後払いが可能な法人様もあります。学校法人、医療法人、官公庁、公的研究機関、契約済みの法人様など。
10万円を超える場合、一部のユーザー様を除き見積額に対し60%以上をお預かりとさせて頂きます。
復旧不可の場合、契約に基ずく金額を返金させて頂きます。

免責事項

データ復元サービスは、破損しているファイルは破損したまま納品するサービスですので、正常に開ける事を保証していません。
納品後7日間は納品データのバックアップを保管していますのでその間はお問い合わせに対応できますが8日以降はお問い合わせの対象外となり、クレーム等一切応じません。
お申し込み後14日を経過しデータ復旧お申し込みの意志をお受けしていない場合、放棄されたものと判断し廃棄処分させて頂きます。
メディアの状態によってデータ復旧できない事があります。
初期診断やデータ復旧作業中に状態が悪化する事がありますが当店の操作ミスでは無く誰にも予防できませんので一切の責任を負いません。あらかじめご承知の上でお申込み頂く物とします。メーカー保証期間内でも保証は受けられない可能性があります。
障害機器のケースからメディアを取り外す作業は基本的にお客様の作業範囲ですが、当店に代行を依頼される場合は、キャビが破損したり傷が付いたり場合によっては再利用が不可能な状態となる事がありますがご了承頂いたものとします。

機密保持

障害メディア内のデータを機密情報として保持し、第3者には開示致しません。但し警察・行政・司法から開示の指示があった場合は開示に応じる事があります。

損害賠償

当店の過失によりデータの漏洩がありお客様に損害が発生した場合、当店が責任を負いますが、お客様が当サービスに支払った額を超えないものとします。

契約の解除

重大な過失による違反行為があった場合。

同業者のお申し込み禁止

データ復旧業者及びデータ復旧ビジネスを運営されている方は、お申し込みできないものとします。後日同業者である事が判明した場合は、一律100万円をお支払い頂く事とします。期限は無限とします。

訴訟

当店、及び、お客様は利用規約に定めない事項や解釈の相違によるトラブルが生じた場合、誠意を持って協議し解決に努力するものとします。
本契約に関する訴訟は、福岡地方裁判所を第1審の専属的合意管轄裁判所とします。

 

お問い合わせ

もし通話料が有料の方は当店から折り返しかけ直しますので、ご遠慮無くお申し付け下さい。

固定電話番号固定電話

メールでのお問い合わせ