USBメモリー 格安データ復旧

USBメモリーのデータ復旧

 

データ復旧料金はこちら
USBメモリーUSBコネクタ付マイクロSDSDメモリーマイクロSDメモリー

メモリーの重度障害対応データ復元店

宅配便又は郵送でのみ受付
返却時の運送料は無料
物理障害対応データ復旧専門店

他社で復元不可でも諦めないで

USBメモリーやSDメモリーカードなど、フラッシュメモリーにトラブルが発生し大切なデータが消失した際、他社で復旧不可と判定されても諦めないで下さい。
物理的に重度の障害の状態でも復旧をお受けしています。
当店ではプロ用フラッシュメモリーデータ復旧装置を導入しておりますが、家電販売店やパソコン修理店などでは設備がないので不可能です。
データが保存されているマイクロチップが死んでいない限り、当店ならデータ復旧できる可能性が高いです。
某大手データ復旧業者で復旧不可の判定をされたUSBメモリーでも64GBまで復旧成功実績があります。
海外の某有名データ復元会社でメモリーIC不良で復旧は不可能と判定されたUSBメモリーも実はコントローラー不良でデータ復旧できました。

論理障害も復元率が違う

操作を間違って大切なデータを消してしまったりフォーマットしてしまったなどが論理障害と呼ばれています。
物理障害に比較するとデータ復旧は簡単なのですが、復旧設備や作業員の知識・経験によって復旧率は変わります。

 

データ復元に対応しているメモリーの種類

フラッシュメディア各種

  • USBフラッシュメモリー
  • SDメモリーカード
  • microSDカード
  • USBコネクタ付きmicroSDカード
  • xD PictureCard
  • コンパクトフラッシュメモリーカード

 

USBフラッシュメモリー

USBメモリー

販売価格が安価で全てのパソコンで利用できるのが理由で広く普及しています。
需要が多い分トラブルも多いメディアです。しかし使われている部品が業界標準規格となっているため、読み取り装置もこのメディア用で開発されています。
SDメモリーと比較して復旧率は高いメモリーです。

 

SDメモリーカード

SDメモリー

SDフラッシュメモリー
標準サイズのSDメモリーカードとminiSDカードがあります。
SDメモリーカードはUSBメモリー程は互換性が高くないメディアです。
復元率が高いメモリーと復元率が低いメモリー、及びデータ復元が不可能なメモリーがあります。

 

microSDカード

microSD

メディアサイズが小さい理由で、携帯電話やスマートフォンに利用されています。データ復旧率は低いメディアです。
論理障害の場合はデータ復元率は高いできますが物理障害の場合はデータ復元ができません。
microSDを標準サイズの端子に刺して利用するためのアダプタがありますが不良率が高いアダプタです。
外的圧力に弱いメディアでありヒビ割れ破損している物も多く持ち込まれます。

 

xdPictureカード

xD-Picture

昔、オリンパスなど一部のメーカーで使われていたメディアで、最近では生産されていないため見かけなくなりましたが形やサイズはSDとよく似ています。

 

CompactFlash

コンパクトフラッシュメモリー

コンパクトフラッシュメモリーは、転送速度が速い理由によりサイズの大きい高級一眼レフデジカメ等に利用されています。
42.8mm×36.4mmで厚さ3.3mmのTypeIと、5mmのTypeIIがある。

 

フラッシュメモリーの主なトラブル

データ復元依頼の多いトラブルの症状です。

  • パソコンで認識できない
  • 認識していない画像

     

  • フォーマットしますか?とエラー表示される
  •  

  • メディアなしと表示される
  • メディアなしと表示される

     

  • 正しい容量が表示されない
  • 正しい容量が表示されていない画像

     

  • ディスクを挿入して下さい
  •  

  • 延書き込みと表示される
  •  

  • USB端子が曲がった、折れた
  • USBコネクタの折れ画像

 

トラブルの主な原因

フォーマットしますか?とエラー表示されるトラブルの内、多くは論理障害です。物理障害が無ければ数時間で復元できる障害です。(容量次第)注意が必要な事は、論理障害と思っていたら実は物理障害だったという事があります。この場合、2次障害に進行する可能性がありますので障害メディアから直接復元作業を行う事は控えなければいけません。販売店やパソコン修理屋さんに持ち込まれると死にかけているメモリーメディアのデータ復元作業自体がトドメをさしてしまう事となる事が有りますので大切なデータの場合はご注意下さい。そうなった後では復旧できなくなります。

 

容量が正しく表示されなかったり、メディアなしの表示の場合は物理障害です。コントローラーという部品の不良等が多いです。データはマイクロチップという部品に保存されていますので、メモリー専用のデータ復元装置で読み込み後、データ解析する事でデータの再利用ができる事が多いです。

 

データ復元の受付と納品方法

当サイトでは、USBメモリーやSDメモリーのデータ復元サービスを、より格安料金で提供させて頂くために、郵送や宅配便で受付させて頂きます。
納品時の運送料は当店で負担させて頂きます。

 

対面での受付・診断や動作確認後の納品を希望される方は、メールフォームよりお問い合わせ下さい。(但し当サイトより料金が高めになります。どちらかお客様のご都合に合わせてご選択下さい。

 

お問い合わせ

もし通話料が有料の方は当店から折り返しかけ直しますので、ご遠慮無くお申し付け下さい。

固定電話番号固定電話

メールでのお問い合わせ